ベンチプレスと怪我 (太りたい人のホームページ)

ベンチプレスと怪我

前回の記事でインクラインベンチプレスの方が肩を痛めにくいと書きました。(そう教えられたからで理由は分からないという、なんともいい加減な日記で恐縮です)。


その理由をちょっと調べてみました。

ボクが痛めた部位は棘上筋(きょくじょうきん)という筋肉なんですが、ここは素人が指導も受けずにベンチプレスをやっていると痛めやすい部位なんだそうです。

この部位を痛めてしまう理由はベンチプレスのフォームが悪いことが原因で、脇が開きすぎるとここを痛めてしまうんだそうです。

脇が開いてしまう原因は、バーを下ろす位置が上すぎる、バーを握る手幅が広すぎる、以上がその最たる原因です。

ベンチプレスをやるとき、バーを下ろす位置は乳首よりやや下がよく、それより高いと脇が開いてしまうとのこと。また、手幅は広いほうが胸に効きますが、広すぎると脇も開いてしまいます。

ボクは胸に効かせようと意識するあまり、手幅が広すぎたかもしれません、反省。

ベンチプレスは他にも、胸の開きが悪いと上腕二頭筋長頭を痛めてしまうんだそうです。

ベンチプレスをやるときに、「乳首の下にバーを下ろす」「肩甲骨を目いっぱい寄せる感じで」というのはこの予防の意味もあるんですね。

インクラインベンチプレスは以上のようにフォームのゆがみが起こりくいため、怪我をしにくいんだそうです。

うーん、ベンチプレスって奥が深いですね。

スポンサード リンク

 腹筋運動色々 »

About

2007年08月16日 14:14に投稿され たエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「空腹のメカニズム」です。

次の投稿は「腹筋運動色々」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブ ページも見てください。