BIG3のちょっと解説 -ベンチプレス- (太りたい人のホームページ)

BIG3のちょっと解説 -ベンチプレス-

ベンチプレスはBIG3の中で一番人気がある種目じゃないでしょうか。厚い胸板は男なら憧れますよね。ベンチプレスでは胸、肩と腕の一部とかなりの部位を鍛えられる基本の種目です。力を計るバロメーター的な使われ方もされて「ベンチ何キロ?」なんて会話もよく耳にします。上半身のみを使うトレーニングでは1番の高重量を扱うんじゃないでしょうか?

しかし、この種目もフォームを間違うと怪我をします。独学でやると必ず肩を壊すなんて言う人もいます(私も肩を壊しました)ので、お気をつけください。

バーベルベンチプレスはラックがないとできませんが、ダンベルベンチプレスならダンベルとフラットベンチがあれば可能です。ワタシは最初家でやってるときは座布団を二つ折りにしたものを互い違いに4枚重ねてその上でやってました。まあ、軽い重量だからこそできた芸当ですね(笑。

フラットベンチがあるとトレーニングの幅が広がりますから、家でトレーニングするならご購入をオススメします。しかし、あんまり安いの買うとベンチがひん曲がってポッキリ・・・なんてことも起こります。事実、ワタシの友人が安さに引かれ購入したフラットベンチは対応重量が100kgまでで、2年もしないでフレームがひん曲がり身の危険を感じたため捨てたそうです、お気をつけあれ。

スポンサード リンク

 BIG3のちょっと解説 番外「チンニング」 »

About

2007年05月29日 21:52に投稿され たエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「BIG3のちょっと解説 -デッドリフト-」です。

次の投稿は「BIG3のちょっと解説 番外「チンニング」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブ ページも見てください。