たばこを止めると太る のは何故? (太りたい人のホームページ)

たばこを止めると太る のは何故?

たばこを止めると太るという話をよく聞きます。

なかにはそれを理由(いいわけ?)にして「たばこを止めると太るから止めない」なんて人もいるくらいです。

なぜたばこを止めると太るのでしょう?その理由はいろいろとあるようです。いくつか箇条書きでまとめてみます。


・たばこを止めることで口さびしくなり、飴やガムを口にするようになるから。

・食べ物がおいしくなって、つい食べ過ぎてしまうから(たばこは味覚を鈍化させる)。

・腸の吸収能力が元にもどるから。ニコチンのもつ強力な血管収縮作用は腸管に働き、腸からの栄養吸収がうまくいかず、便秘になったり、下痢になったりします。

・食欲が出るから。たばこのニコチンには食欲を抑制させる効果があるそうです。

以上の理由があげられます。食欲が出て栄養吸収がよくなるからというのがその主な理由というところでしょうか?

実はボクも昔は煙草を吸っておりました。もう止めてから結構経ちますが、特に体重が増えるというようなことはなかったと思います。食欲もまあ特にかわらなかったと記憶しています。もっとも、ボクの場合それほどヘビースモーカーというわけではなかったからでしょうか?


太りたいと願う人に喫煙者はいないとは思いますが、念のため(笑

スポンサード リンク

 心配性の人は痩せる »

About

2007年08月16日 15:14に投稿され たエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「セントジョーンズワートと体感レポート」です。

次の投稿は「Alive」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブ ページも見てください。