猫背 (太りたい人のホームページ)

猫背

痩せている人の中には猫背な人が多くいませんか?

猫背は肥満だけではなく、太れない原因でもあるのです。

猫背の姿勢は肺や内臓を圧迫するかたちとなり、食欲がわかなかったり、食べても胃が圧迫されているため少量で満腹感を感じてしまったりします。

猫背の原因は様々な理由が考えられますが、一番多いのが筋力不足から生じるものです。

脊柱起立筋や腹直筋などの大腰筋が弱いと猫背になってしまいます。

特に大腰筋は骨盤はもちろん、その中の内臓、皮下脂肪、上半身を支える重要な筋肉です。

この筋肉がが弱くなると、骨盤の傾斜角度が変わってきます。

骨盤の傾斜角度が変わると上半身でバランスを取る為、胸椎は後湾に、つまり前かがみになってきます。

それに加え、弱い大腰筋は上半身を支えるのがしんどいので、前傾姿勢になってしまうのです。

大腰筋は腰椎から骨盤の中を通って、両太もも内側についてる筋肉です。

大腰筋はレッグレイズなどの腹筋運動、スクワットなどで鍛えることが可能です。

猫背は普段からの姿勢への心がけも大切ですが、根本原因である筋力不足を克服することが大事なのです。

スポンサード リンク

 ストレス »

About

2007年05月31日 17:58に投稿され たエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「胃下垂」です。

次の投稿は「ストレス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブ ページも見てください。