トレーニングの頻度と休養 (太りたい人のホームページ)

トレーニングの頻度と休養

「デッドリフト」「ベンチプレス」「スクワット」「チンニング」をどれだけの量でこなせばいいのかは前回ふれました。ではこれらのトレーニングをどれくらいの頻度で行っていけばいいのか?

ウェイトトレーニングはやればやるだけ効果があるというものではありません。筋肉は超回復が起きることによって大きくなっていきます。超回復とは一度壊された筋肉(筋繊維)が再合成されることによって前よりも大きく強靭な筋肉となることです。この超回復を繰り返し、体は大きく強くなっていくのです。

超回復を起こすには適切な時間休息を与えなければいけません、この超回復は疲労の強度と部位にもよってことなりますが、だいたい24~72時間は休息が必要です。トレーニング後は1定期間筋肉を休めてやり、完全に疲労が取れてから次のトレーニングを行わなければなりません。筋肉痛やこりなど筋肉に違和感や疲労をまだ感じる場合は休んでください(軽い有酸素運動などは除きます)。

それぞれの筋肉には回復の早い筋肉と遅い筋肉があります。大きい筋肉(大筋群)は回復が遅いようです。下記はそれぞれの筋肉の回復までの大体の目安(疲労度によっては長くも短くもなります)です。

休養日数1日 腹筋、前腕屈筋群、ヒラメ筋(ふくらはぎ)
休養日数2日 三角筋(肩)、上腕二頭筋(ちからこぶ)
休養日数3日 大胸筋(胸)、広背筋(背中の筋肉で脇の近く)上腕三頭筋(腕のうしろ)、大腿四頭筋(ふともものまえ)
休養日数4日 脊柱起立筋(下背部)

ですから、ベンチプレス・スクワット・チンニングを行ったら2~3日、デッドリフトを行ったら3~4日は休んでください。焦りは禁物です。

スポンサード リンク

 絶食で太る? »

About

2007年05月31日 17:37に投稿され たエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「寝る子は育つ」はホント」です。

次の投稿は「絶食で太る?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブ ページも見てください。