ビタミン その1 (太りたい人のホームページ)

ビタミン その1

ビタミンは、栄養素の代謝を促進し、生理機能を調整します。ビタミンは、ビタミンは全部で13種類に分類され、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分類されます。脂溶性ビタミン(A・D・E・K)は、水には溶けず肝臓等に貯えられるビタミンで、過剰に摂取すると弊害が生じることがあります。 水溶性ビタミン(脂溶性ビタミン以外)は、水に溶け、過剰摂取分は排出されるビタミンです。

各ビタミンの働きは以下の通りです。

ビタミンA:視覚機能や皮膚を正常に保つ。スポーツだけでなく、美容にも有効です。

ビタミンB群:
B1:炭水化物の代謝及び神経機能維持にかかわり、消化液の分泌を促進し、食欲を増進させる働き。
B2:特に脂肪の代謝にかかわり、皮膚や粘膜、髪の毛などの健康を保ち、過酸化脂肪の発生を抑え、動脈硬化も防ぐ。
ナイアシン:たんぱく質、炭水化物、脂肪の全ての代謝にかかわる。皮膚や胃腸の健康を保ち、神経や血液の機能維持を助ける。
B6:たんぱく質の代謝にかかわる。神経や皮膚の機能維持にもかかわる。アトピー性皮膚炎などの予防につながる坑アレルギー作用を持つ。
B12:葉酸と協力して赤血球を作る。また神経細胞内のたんぱく質や脂肪、核酸(DNA・RNA)の合成を促進し、神経の機能を正常に保つ。
葉酸:たんぱく質と細胞内のDNA・RNAの合成にかかわり、細胞の分裂や再生に重要な役割を果たす。また血液中の赤血球を作るのに関係する。皮膚や粘膜を丈夫にする役割もある。
パントテン酸:たんぱく質、炭水化物、脂肪の全ての代謝にかかわる。特に脂肪の代謝に重要な役割を果たし、善玉コレステロールを増やし、コレステロール値を正常に保つ。また細胞を作り、正常な成長を促進する。
ビオチン:たんぱく質、炭水化物、脂肪の全ての代謝にかかわる。髪や皮膚の健康を保つ。

ビタミンC:コラーゲンの生成、毛細血管や骨などの結合組織の強化、腸管からの鉄の吸収促進、インフルエンザなどのウイルス性疾患の予防、抗ストレス作用、アミノ酸の代謝促進、活性酸素の害から守るなど多くの重要な機能を持つ。

ビタミンD:カルシウムとリンの吸収を助け、正常な骨の発育を促進する。食品に含まれるのは元となる前駆体と呼ばれるもので、摂取して紫外線を浴びることにより皮膚でビタミンDがつくられる。

ビタミンE:過酸化脂肪の発生を抑え�、脂肪の老化を防ぐ。また毛細血管の血行を促進し、動脈硬化を防止する。
ビタミンK :出血した際の血液凝固にかかわる。ふだんは血管がつまらないように血液の流れる良くする。

「ビタミン その2」へ続きます

スポンサード リンク

 ビタミンその2 »

About

2007年05月31日 14:40に投稿され たエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「脂質」です。

次の投稿は「ビタミンその2」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブ ページも見てください。